« オリンピックの苦戦続く | トップページ | 戦争が取り持つ縁 »

2012年7月31日 (火)

オリンピック柔道ー私の感想

台風9号が沖縄付近、台風10号が小笠原と今正に強風雨と熱気に包まれた日本列島、津々浦々まで35度以上の真夏を迎えんとしている。これ以上無い暑苦しさである。

柔道やっと金メタル1個、それも女子の松本薫選手がもぎ取った。決勝戦は相手の反則手というのだがこれが私にはさっぱりわからない。旗判定に持ち込まれても松本選手の優勢はまぎれも無かったから,勝敗に異論は勿論無いのだが。

柔道という競技も今や日本武道の趣は見られない。投げられても投げられてもうつぶせに地にへばりつく。
日本武道には空中に投げ上げられて、すっくと地上に降り立つという離れ業があるときいているが、それとは異色で逃げ技として常用されている。
指し手争いは格闘技の宿命で、一番重要な手段だから激しいのは仕方がないが、見ているものにはこれが面白くない。蒙古相撲のごとく最初から組ませて始めてはどうだろう。

男子体操も何とか2位にこぎ着けた。それも判定の一部を覆しての2位である。
柔道でも屢々判定の訂正が見られたが、人間のやること考えることだからミスは防げないということだろうか。

|

« オリンピックの苦戦続く | トップページ | 戦争が取り持つ縁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/55321662

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック柔道ー私の感想:

« オリンピックの苦戦続く | トップページ | 戦争が取り持つ縁 »