« 野田首相は悪くない | トップページ | 山田五十鈴逝く »

2012年7月10日 (火)

長寿のささやかな余録

朝5時半起床、気温23度、ややもやがたれこめている。又梅雨空に戻るのか。

昨夜はDVDに録画していた”清左衛門残日録”というのを何話か3時間くらい見る。
いいドラマである。仲代達矢、財津一郎の掛け合いがなんとも軽妙で良い。彼等はほんとに名優だな。

ビデオテープからDVDにダビングしたものが、今500本位あるが、せっせと見ないと到底見切れ無い。
しかし欲は云えない。長生きしたお陰でCDにしろDVDにしろ結構役立ってはいる。

現在は65歳が現役引退の社会通念となっているようだが、このドラマの主人公は53歳である。
斬ったはったの時代だから仕方がないが,随分早く引退したものである。
しかし若過ぎるから、血の気の多い事件と関わることになる。

私は76歳で仕事をはっきりやめた。税金も納めた。
身の丈にあったお国奉仕はしたつもりである。兵役などというこぶみたいなものまで果たしている。こちらは6年間命の引き換えだった。

思いがけず隠居期間が長引いている。天の思し召しだからしかたがないが、もう限界である、なにも思うに任せない。
余生をつぶすよすががこのDVDなどとなるのかもしれない。

庭の夏みかんの実が日に日に大きくなっている。生まれ来るもののいとおしさ,楽しさがある。これあるかな!

|

« 野田首相は悪くない | トップページ | 山田五十鈴逝く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/55161835

この記事へのトラックバック一覧です: 長寿のささやかな余録:

« 野田首相は悪くない | トップページ | 山田五十鈴逝く »