« 温泉はいいな | トップページ | 李香蘭も遠きに »

2012年7月22日 (日)

風の果て、なお足るを知らず

終日曇り空だが,日射しが無いだけに涼しい。裸で暮らすにはちょうどよい。
雨がよく降ったせいか,蚊の発生が少なく、夜もあわてずにすんでいる。

今年は市の努力で蟻の駆除も盛んに行われている。その成果はこれからだろうが、今の所では座敷に現れることはほとんどない。
蝿などはまるで見かけないし、昔と比べたらものすごく衛生的な暮らしではある。

暇だったからいつかNHKでやった連続ドラマ”風の果て”を買って来たDVDで一括見る。
殆ど一日掛かったが、いいドラマだ。

こんな真面目なドラマで感動的なものは少ないのでは。筋が永いだけに演出も難しかったのではと想像したり。
時代劇に多いやたら斬ったりはったりとは反対に、聴視者に迎合する所がまるでなかった。
ドラマの底を流れる古き友との間の友情に裏打ちされた闘争の成り行きは、それあるが故に更に感動を強めていた気がする。

特に私はこの劇の最後に流れるテーマ音楽に心を揺さぶられた。“風の果て、なお足るを知らず”は哲学的で余韻が素晴らしい。
嫋々たる余韻、まだこれがあったかと、ドラマとの別れが切なかった。

|

« 温泉はいいな | トップページ | 李香蘭も遠きに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/55255824

この記事へのトラックバック一覧です: 風の果て、なお足るを知らず:

« 温泉はいいな | トップページ | 李香蘭も遠きに »