« 妹の三回忌 | トップページ | 武力なき平和がつづくか »

2012年6月 3日 (日)

隣近所

小雨の中を8時から町内の溝さらえ。私が一番早く10分前に出て舛の蓋を取ったりがたがたと始める。
間もなく音を聞きつけて隣の奥さんなど次々と現れる。
案外賑やかなものである。
滅多にお目にかからないので珍しい若い人も居たり、日頃口もきかない隣人に会えて有意義である。
大勢だから30分もしないうちにバタバタと終わってしまう。一番早く出た私は一番早く姿を消す。

昨晩の下剤が効いて、沢山の便が出る。割と固いから出辛いようだ。
食欲がいいからよくたまっているらしい。
しかし下剤に頼らなければいけないなんて困るなあ。
薬のネット辞書では常用していると、そのうち効かなくなると書いてある。

今日の産経に安楽死のコラムが載っている。2千年前のローマ皇帝が口にした言葉だそうだが、コラムの末尾にある通り云うは安く行うは難しで未だに、法律すら2、3の国でしか出来て居らず、日本などは助成でもすると犯罪を構成する。
2千年相も変わらずとある。
万人が望んでいても実現困難な問題なのだろうな。
それにしても生きることに飽きることが一番大事な問題だが、私の場合それは何時のことだろう。

|

« 妹の三回忌 | トップページ | 武力なき平和がつづくか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/54865948

この記事へのトラックバック一覧です: 隣近所:

« 妹の三回忌 | トップページ | 武力なき平和がつづくか »