« 訳の分からない日 | トップページ | 老人の世迷い言 »

2012年6月15日 (金)

市役所通いが忙しい

第一生命の一括払い保険料の控除の件で,再度市役所に出かけることとなる。1000000円という保険料だから、控除証明のあるのを忘れていた。
開門一番に入ったので,担当者は私の姿を見かけるや、すぐ窓口に出て来てくれる。
書類を訂正して,消印を押す。控除限度が35000円だから、保険料が100万増えようと、1100円控除が増えるだけ。
税額では100円の減額である。足代にもならなかった。

放っておいてもどうてことは無かった。ところが今日又市役所から今年度は治療費の負担が3割になりますからと通知が来る。
所得が140万円以上になるからというのである。

今度はあれだなと合点が行く、配偶者や保険料など控除を受けなかったから当然の報いである。
またまた窓口は違うが市役所に出かけずばならない。
老人は毎日病気をしている様なものだから、医療費も1割と3割ではまるきり違う。
次から次えとえらいことになるもんであるなあ。

午後家内が食うものが無いというから,又スーパーに一緒に買い物。
ひとつひとつ、何でも無いことでないんだな,老人には。

下剤が全然効く気配をみせない。俺の腹は果たして空なのだろうか。

|

« 訳の分からない日 | トップページ | 老人の世迷い言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/54973737

この記事へのトラックバック一覧です: 市役所通いが忙しい:

« 訳の分からない日 | トップページ | 老人の世迷い言 »