« わがまつごいよいよ近づきたるか | トップページ | 私の頭痛 »

2012年5月11日 (金)

井口の首なし地蔵さん

昨晩は足を風呂に入ってよく揉んでおいたから、いつものけいれんも来ず楽に寝られた。
しかし百メートル足らずの山登りでも今朝は足が重い。
肝心の首なし地蔵さんは外受けしないと見え、隅の方にこっそりとひそんでおられる。
不運は未来永劫つきまとうということか。

昨日はお地蔵さんが井口小学校のすぐそばにあることから、小学校の生徒さんに終始お世話になった。特に山から降りるところなど手をつないでもらったりする始末。杖は勿論付いていたがちょっとでも気を許すとつまづきかねない道のりだった。長い長い石段だったなあ。

こころみに、google検索してみると、首なし地蔵に関する項目は200もあるのではなかろうか。就中備後府中市の首なし地蔵が有名らしい。その投稿が凄く多い。
この井口の首なし地蔵さんは一件だけだった。私のこのブログをgoogleが取り上げてくれると二件になるわけだが。

幼かった日、母が朝早く暗いうちに起き出して、毎日のように近所の桜地蔵さんにお参りしていた後ろ姿を見て育った私には、ことさらの尊崇の気持ちはないまでも、自然と頭が下がる思いのお地蔵さんなのである。まして草津の地蔵さんには先日も書いたように、頭痛を治していただいたのかも知れないのだから。Img_2108


|

« わがまつごいよいよ近づきたるか | トップページ | 私の頭痛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/54683176

この記事へのトラックバック一覧です: 井口の首なし地蔵さん:

« わがまつごいよいよ近づきたるか | トップページ | 私の頭痛 »