« 光雲去来なるようになる | トップページ | 記録保存の大変さ »

2012年5月27日 (日)

マウス談義

明るい曇り空である。若干弱い光だが世上一般を照らしている。
昼過ぎには夏空になるのでは。

2、3日前デオデオで弾み買いしたワイヤレスマウスが思いがけず便利がいいので驚き、どのパソコンでも使い始めた。
たったの¥1000-だったのだが、マックにもウインドウズにも実にスムースに動き、使いやすい。

今までマックは6千円もする純正のマウスをイライラする感じで使っていたのだが、こちらはまるきり落ち着きが違う。始めウインドウズのワイヤレス用にと使っていたのだが、非常に使いやすいのでマックでもと思って今日使い始めた訳だが、実に具合がいい。
別に宣伝の片棒を担ぐ気はないが、ELECOMのM-D20DRというマウスだ。
嬉しさのあまりと云っておこうか。

USBに部品を射し込むだけで、マックでもウインドウズでもどちらでも働く。
もうこれで決まりだな。
マウスが6個も7個もゴロゴロしているのだが仕方がない。

iPadのおかげで、もうマウスを使う時代が遠のきつつある現状だが、指タップも楽なようだが、使い勝手の悪い所もいろいろあって、パソコンはやはりマウスそれももうワイヤレスに決まり、時にノートの場合は指タップで処理したり。
若い人はもう少し進歩した使い方をしているのだろうが、老人はまあこんな所がせいぜいといったところか。

|

« 光雲去来なるようになる | トップページ | 記録保存の大変さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/54809147

この記事へのトラックバック一覧です: マウス談義:

« 光雲去来なるようになる | トップページ | 記録保存の大変さ »