« 永い人生にはこんな幸運もある | トップページ | ブログに助けられる »

2012年5月22日 (火)

専門医とは

今日、家内の目の手術日、千代が来てくれてるので、最初に連れて行くだけで私の仕事は終り。
半分で済んだがその代わり大量のムービーテーブのダビングをおうせつかってしまう。

ダビングなるものは、正味その通りの時間をようするから正に時間との戦いである。
暇なものでないとどうしようもない。
いいところに目を付けられたものである。

やりはじめてみると、一日が簡単に過ぎ去ってしまう。
えらいことになったかな、忸怩たる思いが今胸をおもくしはじめている。

家内の手術はえらく早く終って、昼寝から覚めて下に降りてみると、もう帰って来て横になっている。
午後ちょっとの時間で、7、8人かたずけたらしい。
やはり名医らしいな。
専門と云うのはこうしたことをさす言葉だろう。

|

« 永い人生にはこんな幸運もある | トップページ | ブログに助けられる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/54776071

この記事へのトラックバック一覧です: 専門医とは:

« 永い人生にはこんな幸運もある | トップページ | ブログに助けられる »