« うつけ(吉川広家)の采配と私の理解 | トップページ | 私も三春の滝桜を偲びながら »

2012年4月19日 (木)

身辺雑記

気温又少し上がって温い。
カラスの鳴き声がやかましい。外を見ると前の家々のテレビアンテナに数十羽のカラスが群れ騒いでいる。ベランダに出てしばらくにらめっこする。
そのうちちりじりに散らかり飛び去って行った。
なんでかわからないが、ごみでもつつくつもりかもしれなかった。

一瞬ヒッチコックの”鳥”を連想した。
カラスは真っ黒なだけに数多くなるとやはり不気味である。
ここのところカラスの鳴き声がいつもやかましい。近辺の山に巣でもあるのだろうか。

猪も狸もとみに増えて人家の周囲を徘徊していると聞く。
人間の出す残飯が増えているということか。
なんとなく気になる世相である。

午後家内と一緒に今日解禁になった造幣局の八重桜の見物に出かける。よく知って観光客の数は少なくない。
年々桜も大きくなり見栄えがしてくる。私らも何年振りかでの対面である。
前にはほとんど全部の木の回りを歩いたものだが、今日はもういけない、2列歩いただけでおしまいにする。
思った以上心臓が弱っているらしい。

帰りには車を置かせてもらった手前、スーパーで買い物をすませて帰宅する。
これも今生の見納めになることだろう。


Img_2095_2


Img_2099


|

« うつけ(吉川広家)の采配と私の理解 | トップページ | 私も三春の滝桜を偲びながら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/54510722

この記事へのトラックバック一覧です: 身辺雑記:

« うつけ(吉川広家)の采配と私の理解 | トップページ | 私も三春の滝桜を偲びながら »