« 年寄りの冷や水 | トップページ | 妹の同窓会出席 »

2012年4月 7日 (土)

煩わしい電話だが

未だ少し老人にはこたえる朝の冷たさだが、もう春たけなわの感じは否めない。
昨日は風の中を一寸の時間市内の桜土手まで行ってみた。まだ満開までは行ってないが、もう十分賑やかだった。
観客はまばらで弁当をひろげる物好きはぽつりぽつりだった。
まあ家の中ばかりいて、花一つ眺めずにこの世にさらばしてはあまりに淋しいと、ともかくちょっと花見をしたわけだった。

今朝も体感温度は5度と出ているが、風はほとんどなくまあいい天気。
口惜しいがまだストーブを焚いて、部屋を少し暖める。厚着はしていても、面の皮や手足はやはり冷たい。老いの哀しさである。

昨夜遅く家内にその友達の高木さんから電話が入る。わざと受話器を取らなかったのだが、着信の電話番号を見て家内があわててこちらから電話を入れる。
最近宣伝のしつこい電話が多く、うるさいので着信電話番号を見ては無視することが多い。
ところがこうした間違いも起きる。
幼い時からの友達だから、話し始めると長い。

独り身の気安さから、次から次へと、伯母さんや姉さんなど何人もの看護、看病を仕上げた人だが、皆亡くなって、さあ楽になったと思った途端、こんどは自分の体調がおかしくなって、思うに任せぬ日々を過ごしているらしい。損な役回りをしたことになるらしい。
人の運命、いいことをした報いはいいことにとばかりとはならない。
彼女の今後どうなるのだろうか、人ごとならずとも気にかかる。

時期的に又乾癬が活動し始めたか、身体のあちこちが痒い。手の届かぬ所が多いから貧乏揺すりになる。
老耄の貧乏揺すりーー漫画だな!

カープの前田健太投手がノーヒットノーランで昨夜横浜ベイスターズを破った。カープには外木場義郎という完全試合一度、ノーヒットノーラン二度と言う名投手が歴史上に名を残している。まだ自慢するわけにはいかないが、立派なものである。
既に沢村賞にも一昨年だったか輝いている。ますます精進してカープを優勝に導いて欲しい。

|

« 年寄りの冷や水 | トップページ | 妹の同窓会出席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/54410199

この記事へのトラックバック一覧です: 煩わしい電話だが:

« 年寄りの冷や水 | トップページ | 妹の同窓会出席 »