« 膝関節痛と温灸 | トップページ | 大本営メディアに堕ちるな »

2012年1月 7日 (土)

年金生活者の苦情

今朝は気温1度とやや戻る。雲多く晴れ間は殆ど見えない。
政府はとうとう消費税を2014年4月から上げることに決めた。半分以上赤字予算しか組めないようでは仕方ないだろう。

後を託す若者は年々減って行くばかりである。昨夜の深夜放送では90年後の22世紀初頭には日本人口はなんと4000万人に激減するという学者の発言があり、微に入り細にわたりその理由説明もあった。愕然としたのは私一人ではあるまい。現在の人口でも税負担は容易ではないのに、半分以下になるのである。
考えるだけでも恐ろしい。
腰の抜けた今の政治家だけに任しておいていいのだろうか。

外のことは判らないが、年金オンリーで過ごしている、私も今では想像以上の税金や各種保険料など負担せしめられている。そして近く年金そのものも減額されるらしい。
そもそも年金は営々として、何十年も給料から差し引いて積み立てられて来たものではなかったのか。何時税金から支払う仕組みになったのか。今又課税するなどとは二重課税ではないのか。全く理解に苦しむ話である。
無駄な運営費、無益な投資などで、元本は費消し尽くされて、支払い責任者の政府が方便として消費税などという税金を創設したとも聞いている。
もの言わぬ年金積立金、当然補償すべき義務が政府にあるのではないか。これ又知恵のない私には理解が出来ない話である。


固定の電話機の子機が全然使えないので、バッテリーを買って来て交換したがやはり使えない。
電話機のメーカーに電話して修理を依頼する。電話で操作方法を習いその通り実施すると何のことはない。簡単に通ずるようになる。

手順があるのだな。気づいただけ賢くなった。

昼前になると雲が切れて、いい天気になる。暑いくらいである。
午後3時には又雲が張り出しもう真っ暗になる。変わり身の早い一日だ。

|

« 膝関節痛と温灸 | トップページ | 大本営メディアに堕ちるな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/53677331

この記事へのトラックバック一覧です: 年金生活者の苦情:

« 膝関節痛と温灸 | トップページ | 大本営メディアに堕ちるな »