« 樹齢千年という道端のカツラ | トップページ | 我が家早くも石油ストーブお出まし »

2011年11月 9日 (水)

メールの大きさ国によって違う

気温13度と相変わらずの朝、灰色の雲で覆われてはいるが雨の気配は感じられない。
予報では13日頃はよくなるようだから、良い旅ができそうだ。

午の時間に隣のJR駅まで行って、切符を買う。若い人は要領がいいね、何も聞かずにジパングの申込ですぐ済む。

ようやく決心がついたが、最後の長距離旅に今度こそなりそうである。
東京に直接行かずに静岡で千代と落合い、付近をあちこちして熱海に宿を取る。明くる日千代が寄り添って東京入りする事にした。
東京駅の喧噪はいわれなくても、こちらも怖くて自信がない。
良い案を考え出してくれた。

東京では旧友に出来れば会いたい。他に用事はない。都内見物の予定も希望ももちろんない。
16日には帰宅するつもりである。無事この旅が果たせるかどうか、90歳の力試しである。

朝子からメールが又届く。添付写真が大き過ぎるといってやったけど、本人は気づかなかったらしい。日本ではあんなに大きな写真はメールには添付出来ないが、国が変れば違うんだな。
それでもエラーが出そうだったので、2枚だけにしたと、他にももっと送るつもりだったらしい。
カメラの設定を小さくしろとアドバイスしておいたが、案外気づかない事なんだな。
ありがとうと感謝していたから、少しは勉強になったことだろう。

20年と90年、経験の差は大きいから、馬鹿にはならないな。

午の時間に隣のJR駅まで行って、切符を買う。若い人は要領がいいね、何も聞かずにジパングの申込ですぐ済む。
(最近は経費節約のためか地元の駅では駅員が居ないときが多く、切符も買えないから隣の駅まで行く)

|

« 樹齢千年という道端のカツラ | トップページ | 我が家早くも石油ストーブお出まし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/53202423

この記事へのトラックバック一覧です: メールの大きさ国によって違う:

« 樹齢千年という道端のカツラ | トップページ | 我が家早くも石油ストーブお出まし »