« 又々語り継ぐ戦争の記憶 | トップページ | 部落の老人会、温泉で開かれる »

2011年11月30日 (水)

突如腹痛下痢、死ねるのか

昨日一日原因不明の腹痛下痢に悩まされる。
ほとんど終日トイレにはまり込みで参った。
後はベッドインあるのみ。
夢かうつつの一日だった。

今朝も目覚めたのは8時近い。
寝間着も下着もべたべたでどうしようもない。
すぐ昨夜の風呂を沸かして入る始末。
我が老婆も大変である。

身体を洗ったところで下痢が止まる訳はない。
昨日は一日食わなかったのに結構出る。ほとんど色の着いた水と空気だけど。
鼻が衰えたので臭いはまるでしない。家内はくさいくさいというが。

幸い日ざしが部屋を暖めてくれてるので、こうしてパソコンに向かっている。
寝てるよりこの方が今は良い。今10時15分である。
簡単には死ねないのだなと改めて思い直す。
我に七難八苦を与え給えと神に祈ったという昔の武将の心意気などあるわけはない。情けない死に損ないではある。

数日前から風邪具合が良くなかったから、そのせいもいくらかあるかもしれない。
医者に行く程のことはないと見くびったが悪かったか。
痛みも治まったし、しぶりも止まったし、快方に向かってくれればいいのだが。
でも自力で治るとは虫が良過ぎる。家内の言う通り正露丸を飲んでおく。

身体が暖かいので下着のままでいると、洗濯ものを干しに二階に上がって来た家内にめざとく戸の隙間から見つけられ、怒られてしまう。

|

« 又々語り継ぐ戦争の記憶 | トップページ | 部落の老人会、温泉で開かれる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/53369993

この記事へのトラックバック一覧です: 突如腹痛下痢、死ねるのか:

« 又々語り継ぐ戦争の記憶 | トップページ | 部落の老人会、温泉で開かれる »