« インターネットとは何だ | トップページ | 旅の疲れが癒えて,楽しさ倍増 »

2011年11月 3日 (木)

海潮温泉

昨日予定通り婿の車に乗って我々夫婦と婿ら夫婦の4人連れで、庄原まで高速道路を行き、ICで降りて地方国道を海潮温泉に向かう。うしおおんせんと読むのだそうだ。
私の思っていたのは潮温泉で全く違う温泉だと,車に乗せられてから気づいた。
松江市街から十キロばかり山中に入ったところにあった。
私には皆目知識のない温泉だが,婿は25年前訪れた事があるということだった。

ともあれ鄙びた温泉である事は違いない。
何より驚いたのはほとんどまるまるの露天風呂であること、温泉のすぐ数メートル近くに樹齢八百年と云われる椎の巨木が2本、亭々とそびえ立っていて、それを囲んで大小数十本のも樹木が林を形作り、温泉の中から回りまでに巨石を配して、すばらしい景観を示しているその背景の妙である。

温度は41,2度というところか,熱からず冷たからず、ゆっくりと長風呂に最適である。
ほんとにゆっくりとお湯を楽しむ事が出来た。
とうとう婿と二人が3回も入浴する事になってしまった。
今までこんな経験は始めてでもあり,絶えず手を差し伸べてくれて,気を使ってくれた婿の好意が最高にうれしかった。

宿の食事から何から何まで,最高のVIPの待遇で、感謝感激であった。
宿を出てから松江城を久しぶりに見たいという私の希望を叶え,連れて行く。
最後にお堀を市営の遊覧船で約50分巡る。
昔ほんちょっぴり乗った思い出があるのだが、今度は完全なお城一周である。こんなに迫力があるものとは知らなかった。
すばらしい経験であった。嵐や風雪の影響とかで,樹木が大きく水面に届く程傾いたものが多く,自然の妙を形造っていた。船上から見る城や町の景観も面白く飽きない。

遊びの時間が長かったので午の食事が遅くなったが、これまた婿らの肝いりで、なんとか旅館で鯛茶漬けをいただく。これが又美味で老人を驚かしてくれた。
Photo


Img_1945


Img_1978


|

« インターネットとは何だ | トップページ | 旅の疲れが癒えて,楽しさ倍増 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/53155792

この記事へのトラックバック一覧です: 海潮温泉:

« インターネットとは何だ | トップページ | 旅の疲れが癒えて,楽しさ倍増 »