« ベルギーという国 | トップページ | ウオール街のデモ »

2011年10月 3日 (月)

骨密度検査

朝気温14.5度と少し低くなった。これぐらいが当たり前の気候だろう。
引き締まった気分でよろしい。
怪我が治って医者通いが減ったと思ったら、心臓の薬が無くなっている。
今朝は朝から何も呑まない。いいか悪いか。まあ1日ぐらいいいだろう。

日ざしが部屋の中まで入り込み暖かい。窔隅のこの部屋はいつか書いたように我が家の最高の居場所なのだ。

我が家の位置の標高は概ね35m、海岸から直距離約1.5km、眺望は誠に良い。
窓からは海の表情まではわからないが、宮島、ナサミ、黒神、能美と続く島々、瀬戸内海の風景はこの上なく美しい。
もっとも万葉の昔のなら秋風にそよぐすすき野が、波のうちよせる海辺まで続くのであろうが、今はいらかのなみを超越しなければならない。
それでも私には嬉しく美しい。
このままこの部屋で死のベッドを迎えたい。神にこいねがっているこの頃だが、さて聞こし召してくださるかどうか。

午後内藤内科に行き、いつもの診察の他、腎臓検査、骨密度検査をしてもらう。いずれも結果は良好ということだった。
ただ骨の強さが92%でやや不足しているから、歩きなさいと言われる。歩くのはいいが転ぶと困るからなあ。
骨の中がカスカスの人があるそうだが、それはなくてよかった。

|

« ベルギーという国 | トップページ | ウオール街のデモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/52899361

この記事へのトラックバック一覧です: 骨密度検査:

« ベルギーという国 | トップページ | ウオール街のデモ »