« 幸運の女神 | トップページ | 医者ばかりとの付き合いとは情けない »

2011年9月 4日 (日)

中国の世紀になるのかな

朝7時気温26度、雲は多いが帯状の晴れ間が諸処に顔を出し、好天気は間違いなさそうだ。
もう風もない、台風は日本海に去ったようだ。

昨日のニュースに中国のある富豪がアイスランドに観光施設を作るといって、アイスランドの国土の0.3%の土地を購入したとの記事が載っていた。そこまでいったかと驚く。
古来中国は上には上、下には下と、世界中比類なき格差のある国である。
共産中国でも結局どうにもならなかった。

私は7年間彼らの国で生活した。いくらか知ってるつもりである。
戦後観光で出かけるたびに大変化を遂げる国民性にいつも驚ろかされて来た。
中国の漢民族こそがやはり人類最強最優秀の民族と思っている。

日本の商社がいつかやって、物議を醸したように、ニューヨークの5番街あたりを、中国の富豪が買い漁りしたら面白いだろうなと思ったりする。国の経済力なんていうものは、そうした現実をふまえないと案外理解出来ないものだ。
ユダヤ人がアメリカの経済を事実上支配しているので、ユダヤ人の真価を高からしめているが、中国人は世界を股に掛けている。
私は個人の経済力といえば中国人に軍パイをあげたい。

尻や頭の打撲の跡も、何となく感じなくなった。自分の眼の届くところでないので確認のしようがないが、もう痛みはかけらも残っていない。
腕の傷はまだまだである。ようやく出血が止まったかなといったところだ。触ると痛い。治療が難儀だが、今日は幸い休日で医者も私も一休みだ。

台風は去ったがやはり暑いことに変わりはない。まだ災害が続いている地方はほんとに気の毒だ。日本も結構広い国なんだな。

|

« 幸運の女神 | トップページ | 医者ばかりとの付き合いとは情けない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/52645805

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の世紀になるのかな:

« 幸運の女神 | トップページ | 医者ばかりとの付き合いとは情けない »