« 自動車と運命を共にするのか | トップページ | こんなにいい天気なのに、老人のお笑い草 »

2011年9月24日 (土)

私の行楽

今朝は白い雲があちこち見えるが、依然として好天気が続く。気温は昨朝と同じ15度。

猛暑が治まったからか、立ちくらみやめまいがこの数日起こらない。
起居動作も割と快調である。ちょっと変な感じである。階段を上がるとやはり息がせっつくことは変わりないが。

せいこう外科に腕の治療を受けに出かける。午前中、しかも連休の狭間とあって凄い客の量、1時間半待たされる。
今日で最後と言われる。後は自然治癒でよろしいと。
必要があれば家庭用の傷テープを貼れとの事。
それにしても長くかかった、今日が25日目だから、ほとんど一月。大怪我といってもおかしく無い。ちょっと転んだだけなのに。

ともあれなんとか治ったから良しとするか。

午デパートに行き食事と買い物に付き合わされる。もっともほとんどiPhoneで小説などを読みながら待つばかりだったが。
文芸春秋からインストールしていた戦艦大和の最後を伝える生き残りの証言集を改めて読み返す。
また太宰治の”人間失格”も読む。往来の激しい人ごみの中、我関せず焉で黙々と字面に目を走らす、その幾時間たるや知らず。
帰宅したらもう3時。涼しい日だったから人の多少は問題にならなかった。
家内は結構歩きつかれたらしい。
付き歩いたらひどい目にあったかもしれない。

今日も終日いい天気、行楽を満喫した人も多かったのでは。台風被害にあった人は悪いくじ運を引いた感じでその余慶を蒙る事は出来なかった。罪作りな神業ではある。

|

« 自動車と運命を共にするのか | トップページ | こんなにいい天気なのに、老人のお笑い草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/52819855

この記事へのトラックバック一覧です: 私の行楽:

« 自動車と運命を共にするのか | トップページ | こんなにいい天気なのに、老人のお笑い草 »