« こんなにいい天気なのに、老人のお笑い草 | トップページ | 周恩来を日中とも忘れてはならない »

2011年9月26日 (月)

墓掃除と墓に入る予定

今朝は気温18度と思いがけず後戻り。この辺りの気温の差が体温に関係大有りで、うっかりすると時期でもないのに風を引いたりして、体調を悪くするから気をつけないといけない。
昨夜は7時頃には寝床に入っていたから、形の上では12時間ぐらい寝た事になる。
おかげで寝る前くしゃみが出たりしていて風呂にも入らずに寝たが、もうなんでもない。

寝ながら本を読み、音楽を聴く、いつもながらのスタイルだが、11時過ぎには音楽も電気も消して、ぐっすり眠る事が出来た。
長い体験が自然と無理はさせない。90にして惑わずということかも知れない。

午前8時半薄い灰色の雲を通り抜けて、日ざしが弱々しく部屋の中まで入って来た。
朝食のとき妻が墓の掃除に行こうという。年に一度の我が家の行事である。無住の墓でも放っておけば草の根が怖い。

午前十時過ぎ出かけて、1時間ぐらいで終わって帰る。少し気分が悪くなったので昼飯は控える。
両隣の墓地がまだ墓が無く草地のままなので、それも境を接したとなりの事なので、草だけは始末せざるを得ない。
秋分の日にお参りされた殆どの墓に、花などが生けられたままで賑やかであった。

そういえば、今日もそちこちにお参りされている人たちが三々五々見受けられる。
家内は私が死んだ後歩いては参れないから、大変だとこぼしているが、一人で来なくても娘らを誘えば良い事で、そのぐらいの暇は取れるだろうと思っているが、今口に出していうことでもあるまい。
何時死ぬるのか予定がまだ立っていないんだから。

|

« こんなにいい天気なのに、老人のお笑い草 | トップページ | 周恩来を日中とも忘れてはならない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/52837110

この記事へのトラックバック一覧です: 墓掃除と墓に入る予定:

« こんなにいい天気なのに、老人のお笑い草 | トップページ | 周恩来を日中とも忘れてはならない »