« 解放された妻の一日 | トップページ | なでしこジャパン遂に世界制覇 »

2011年7月16日 (土)

熱中症が怖い

朝6時半青空とは行かないまでも、わずかにうす雲がかかるだけで陽光がまぶしい。
気温すでに27度。蒸し暑くなりそうである。
全国的に熱中症が大変らしい。外に出て働くもの、高校球児の野球大会らは特に発生が著しいとか。
家の中に居ても老人などはやられるらしいから、家内はせっせとお茶を飲ませてくれる。

午後の昼寝をたっぷり取って、2時半からまたパソコンに向かう。
カンカン照りだからベランダから熱気が舞い込み、さすがに今日は扇風機も効果が乏しい。
好きな音楽も却ってうるさくなるもんだな。今やってるのは”火の鳥”だからよけい悪いようだ。

今朝やがて捨てる予定のビデオからDVDに”たそがれ清兵衛”をダビングする。見ているとさすがによい。
筋が違っては居ないかなと、本を引っ張り出して読み直す。大分違っている。
最後まで見るとやはり他の作品と混ぜてあるようだ。
ときどきこんなのがあるので騙される。しかし無理なくつながれて良い作品に仕上がっている。
山田監督の手腕だな。

最初は帳簿役だったが、途中倉庫係になって、殿様から臭いと注意される。ちょっと変だなとも思ったが、昔のお城勤めのことなど一般観客に判る筈がない。そうなんだと思って見るしかない。
時代劇はここらが面白いところだ。文句をいうなど言う方が馬鹿げている。
それしても先般見た”武士の家計簿”は史実に忠実に描かれていて、それでいて面白かった。大変な傑作だったな。

パソコンに向いてる時は忘れているが、燃えるような熱気に気づいた途端、病気になった気分だ。
あきらめて下に避難する、熱中症がこわいぞう。

|

« 解放された妻の一日 | トップページ | なでしこジャパン遂に世界制覇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/52223472

この記事へのトラックバック一覧です: 熱中症が怖い:

« 解放された妻の一日 | トップページ | なでしこジャパン遂に世界制覇 »