« 熱中症が怖い | トップページ | なでしこ凱旋 »

2011年7月18日 (月)

なでしこジャパン遂に世界制覇

朝から蒸し暑く気温28度。
早朝から女子サッカーの決勝戦で眠れない。
とうとう延長戦に入っても、両者1点づつ加えて、2-2のままPK戦に入る。
日本のGK海堀の絶妙なセーブで3-1で勝利をもぎ取ってしまった。
世界の場での優勝は日本サッカー界始めての快挙である。歴史の浅い女子チームがいち早く駆け上ってしまった。

誰かが小さな身体でと言った。
決勝の相手はドイツもスエーデンもアメリカも皆大きかった。大人と子供の試合としか見えなかった。
事実馬力も違っていて、シュートの強さは素人目にも桁違いだった。
この強いシュート力を自在に発揮させては、日本に勝ち目はない。
細かなパスをつないで全員で押し上がり、混戦の中をお得意のパスを通すだけだった。
最後のアメリカ戦も勢いでは負けても、ボール支配率では勝っていたのでは。
大和撫子の意気は凄い。男はますます頭が上がらなくなるな。

夜が明けるまで熱心に見ていたので、いくらか体調がおかしくなり、嘔吐しそうなので、食事を抜いて再度ベッドに潜り込む。
10時半まで熟睡して、起き上がる。
家内の買い物を手伝って、昼飯はやっといくらか食べる。
テレビを見たくらいでこれだから、もう生きてる値打ちはない、情けない事だ。

台風6号が四国沖を北上中でここらも風がだんだん強くなっている。
今のところ小雨程度だからこちらはまだ害はない。

選手たちは悪い時に帰ってくる。それが一番心配だ。

|

« 熱中症が怖い | トップページ | なでしこ凱旋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/52244137

この記事へのトラックバック一覧です: なでしこジャパン遂に世界制覇:

« 熱中症が怖い | トップページ | なでしこ凱旋 »