« なでしこ凱旋 | トップページ | おっちゃんはまだ迷っているのか »

2011年7月20日 (水)

悪魔の死への誘い

台風6号は何の害をもたらすことなく北東に去った。
近畿以東は大雨で気の毒である。東北は又の災害で慰める言葉も出ない。
天の神はあくまでも非情である。

今朝は気温は27度とまあまあ、風の余波があるから涼しい。
恵まれた環境に涙さえこぼれる。

水戸君から見舞い状をいただく。わたしは億劫なのと体調不良で出す気がしてないのだが、貰った以上お返事はしなくてはならない。彼も何年も癌と戦っていて、万全では無い。それでも暑中見舞いが書ける。気力がしっかりしている証拠だ。
残り少ない中の学友の一人だ。健康を祈る。

午後になると、いつものようにかんかん照りの真夏日。
扇風機3台でなんとかしのぐ。裸で居られるのがよい。
しかし頭脳が麻痺されて、ブログに書こうとするような思いはまるで浮かばない。

10歳のとき近くの遊水池で水浴びしていたとき、屯兵衛樋門の深みにはまって、溺れてしまい危うく死ぬるところであった。一緒に遊んでいた従弟が大声を上げて人を呼んでくれた。
海水を一杯飲んでずぶずぶ沈んで行く自覚があった。途端大きな腕が身体が抱え上げた。
馬鹿者が!危ないじゃないか、こんなところで遊ぶな!
一喝が私を何年も海から遠ざけた。そして90歳を過ぎた。
従弟はもう十数年も前この世を去ったのに。

夏になると、やはり子供の水死は絶えない。自然現象というべきか。
悪魔の誘いだとも言う。

|

« なでしこ凱旋 | トップページ | おっちゃんはまだ迷っているのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/52259053

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔の死への誘い:

« なでしこ凱旋 | トップページ | おっちゃんはまだ迷っているのか »