« 老耄のぼやき | トップページ | 妹の一周忌 »

2011年6月 2日 (木)

老耄のぼやきーつづき

国民の目の前では馬鹿げた不信任案がまかり通る訳はなかった。単なる罹災民をないがしろにした党利党略ではないか。
自民党びいきの私でも腹が立つ。それに同調したいつもの小沢戦法も全く通じなかった。

総理の現在までの行動は、立派とは言えないかも知れないが、人間のやることだ、あれ以上には誰もできまい。
管総理は無私公平によくやった方だ。もし私が被害者ならありがた涙をこぼしたであろう。

戦争被害をいやという程経験した私には、震災直後からの官民挙げての救済策は手ぬるさがあったかも知れないが、一生懸命で大きな落ち度があったとは思われない。
不幸にして原発炉心そのものが地震に耐えられなかったし、大津波というダブルパンチにあった。誰も予測出来なった。
それを偶々当事者だった首相に責任を押し付けるのはやはりひどすぎる。
中途半端な根拠で原発を推進した、代々の政府や当事者の責任ではないのか。引いては国民自身の責任とも言えるのでは。

NHKは投票者の手許まで映し出して、黒白をはっきりさした。国民の選良である議員たちも自分の良心に反する行動はさすがにとれなかった。小沢の策略がいかに巧妙であっても、国民の目はごまかされない。
15名の造反者を率いて、国民の注視をさけ、選挙権を行使せず院外に去ってしまった。もっとも卑劣というべき行為である。

小沢の政治生命は尽きたと言ってよい。潔く退陣しなさい。
要らぬ節介だが老婆心からご忠告申し上げる。

|

« 老耄のぼやき | トップページ | 妹の一周忌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/51835794

この記事へのトラックバック一覧です: 老耄のぼやきーつづき:

« 老耄のぼやき | トップページ | 妹の一周忌 »