« 病院通い | トップページ | 戦いの跡はもう夢の跡 »

2011年6月17日 (金)

ゴミの町内清掃当番

今朝も目覚めは早い。6時半気温20度曇空。
雨は一応上がっているようだ。霧も昨日より薄い。
早々と中元をあちこちから頂く。ありがたいが老耄残念乍ら喜びの心は浮上しない。却って気遣いに心が重い。

なぜか昨日は下痢気味。

早々と床に就いたせいか、夜中何度も目覚めて,起き上がっては本を読む。
深夜便がうるさくスイッチを切る。最近ジャズなど音響の高いのが多くて聞き苦しい。
NHKは従来音響を夜間は押さえていたが,最近方針を変えたのか。

テレビにしろラジオにしろ、若者向けの騒がしく,早口の集団放送が多くて,老人にはまるで何を言ってるのか判らない放送が多い。ソロシンガーなどの、落ち着いた音色の放送が後を絶った気がする。
私のひが目か。
もっともはやばやとスイッチを切るから、実害はないが。

家内は掃除当番、箒を持ってゴミの収集場所で待っている。市役所に行かねばならないのにと私はイライラして外まででて見る。
律儀なことである。

昼の時間に市役所に行き印鑑証明をもらう。家内の母の貯金の相続が発生したという。
弟がわざわざ取りにくるという。ご苦労なことである。
ついでに映画の切符を購入して帰る

|

« 病院通い | トップページ | 戦いの跡はもう夢の跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/51968680

この記事へのトラックバック一覧です: ゴミの町内清掃当番:

« 病院通い | トップページ | 戦いの跡はもう夢の跡 »