« 湖南進軍譜という歌 | トップページ | ありがたいお国、年金大国日本 »

2011年6月14日 (火)

菖蒲を見に行く

気温18度ちょい低いかな。朝霧が立ちこめて空模様までは判定出来ない。東の空もぽーっと明るいだけ。
ちょうど今6時半である。昨夜はどうしたことか、11時すぎ眠りに入ったままさっきまで全然目覚めなかった。深夜便の放送も気づかなかった。
昼も夜も暇さえあれば寝ている毎日、眠りは浅くてちょっとした音でもすぐ目覚めにつながるのだが、昨夜はどうしたことだろう。生涯の果ての気がして、ちょっと不気味である。

今朝のテレビによると、イタリアの国民投票で圧倒的多数で原発反対派が勝った。ただ国民の57%の投票結果だからそのまま鵜呑みは出来ないが、ともかくも原発廃止となることは間違いないだろう。ドイツも廃止を決めているし、同調する国は増えるだろう。福島原発事故の影響はさすがに大きい。

これで世界の進化が止まるのか,退化に向かうのか、いや関係ないことか、問題は浅くはなさそうだ。
恐るべきエネルギーだということは、私のような無知なものにもよくわかった。
何時の日か自在に操れる時代がくるだろうが、急ぐことはない。
私はそれでも人類の叡智を信じている。

家内の誘いで植物園に出かける。菖蒲を見ようと先日から話題にしていた。
小さな菖蒲園だがよく咲いていた。じっくり眺めて帰る。
華やかではないがいかにも落ち着いている。何となく武士の風格が感じられる。好きな花の一つと言ってよい。
Img_1905

|

« 湖南進軍譜という歌 | トップページ | ありがたいお国、年金大国日本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/51942013

この記事へのトラックバック一覧です: 菖蒲を見に行く:

« 湖南進軍譜という歌 | トップページ | ありがたいお国、年金大国日本 »