« 因縁のふしぎ | トップページ | 自戒、俺のブログは下手の長談義か »

2011年5月13日 (金)

総理の代わりどこに居る?

2日続いた雨で、庭の乾きは治まったらしく、木々は皆生き生きとして見える。朝の気温は19度ともう初夏まちがいない。
裸になっても寒さは感じない。今が最高の季節といってよいだろう。
昨日偶然なことで深海勇君の死亡が確認出来て、一緒に軍役の門出を岩国駅頭に印した4人のうち、無事軍役は果たして帰郷はしたが、相次いで病気でなくなり、私一人残されたことがわかった。
何の因果かといいたいが、こればかりは人智の及ぶところではない。

福島原発1号機の炉心のメルトダウンが起きたらしいと今朝の発表。どうなるんだと心配は尽きない。
欧州でもアメリカでも動揺が激しい。
中国は知らぬ顔で新しい動力炉を稼働始めるらしい。よほど自信があるのか。
国が広いということはやはり有利ということか。

財務省が公務員給料10%削減の方針を固めたとある。右へ倣えで日本全国が揺れ動きそうだ。年金などは一番手が付けやすいから待ったなしであろう。まあいいだろう。いつかも言ったように、現在20%すでに差し引かれている。30%になるだけだ。切り詰めれば40%でも50%でも食ってはゆける。国がつぶれるよりはいいだろう。

天災が単なる天災に終わらない、人災が振幅度を倍加して続発する。
地震学者たちの発言の空々しさ、何ぞ役に立つのか。言うを止めよと言いたくなる。
総理たるものうるさいだろうなあ。
郷土広島の異人亀井いみじくも言った。総理の代わりがどこに居ると。

|

« 因縁のふしぎ | トップページ | 自戒、俺のブログは下手の長談義か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/51657832

この記事へのトラックバック一覧です: 総理の代わりどこに居る?:

« 因縁のふしぎ | トップページ | 自戒、俺のブログは下手の長談義か »