« 日本国土は果たして安全なのか | トップページ | 老人の悲憤慷慨 »

2011年5月 4日 (水)

孫一家の引っ越し

朝気温13度。高速道のラッシュが続いているようだ。山陽道が混んでるという。広島の先で43キロも繋がってるとか。東京近辺は当たり前だが、広島近辺で全国トップとは珍しい。フラワー祭りの影響でもあるのか。

今日は午前中二番目の孫のうちを訪問する予定にしている。先月末に引っ越しを終わったらしいと家内が聞いたので、便利がよい所というし、早く見ておかないと死に目に間に合わないと思って、行くぞと連絡をつける。

善は急げで、午前10時長女の案内で婿の車に乗せてもらい、孫のマンションを訪ねる。
まだ空き部屋がある二十数階のマンションの19階である。引っ越したばかりで、荷物がやっと片付いたところらしい。
広島のど真ん中で、夫婦の勤め先ともすぐ近くだし。子供の行く保育園は正に眼下にそっくり見える所。
本川に沿い、川向こうには住吉神社が鎮座ましまし、平和公園もすぐ眼下に望める。環境といい眺望といいすばらしい。
よくもこんないいところが都合良く手に入ったものだ。

新築だから、何もかも新しい装置が付き至れり尽くせりでうらやましい限り。
30そこそこの年輩で自力で買ったというのだから恐れ入る。ただ感嘆あるのみである。
老人だから遠慮せずぱちぱちとそこら中撮影して帰る
Img_1872


Img_1886

|

« 日本国土は果たして安全なのか | トップページ | 老人の悲憤慷慨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/51576555

この記事へのトラックバック一覧です: 孫一家の引っ越し:

« 日本国土は果たして安全なのか | トップページ | 老人の悲憤慷慨 »