« 乃木将軍の造り出した旅順攻防のあや | トップページ | 卒年の時期到来 »

2011年5月17日 (火)

家内始めて目の手術

朝起きてみると右足の第2指の爪先がまくれている。爪切りで切り取ると血が出てくる。取りあえずバンドエイドで巻いておく。朝っぱらからろくでもない。いやだいやだ。

今朝も7時の気温16度、天気も良さそうだ。午後は家内の目の手術に立ち会う予定だ。
長女には家内が断ったからというから、任務は重くなる。
斉藤眼科の駐車設備はかなり広そうだからなんとかなるだろう。
iPhoneも扱いにすっかり慣れたし時間も持て余すことはなさそうだ。

クラシックの長い曲も入れたし、オペラだって入れたければ入れられるのだから。

午後2時家を出て斉藤眼科へ、午後は手術客だけとあって、待合室はがらがら。2時45分呼び込まれて約1時間、出て来た時は眼帯が顔半分を隠している。道を歩くのに大丈夫かというと大丈夫という。
スーパーで家内の指図通り買い物を済まして帰宅。
家内は入浴も炊事も明日までお預けである。
夕食はだから寿司を買って帰る。

明日の朝眼帯を取ってもらうのだそうだ。うまく見えればいいが。

|

« 乃木将軍の造り出した旅順攻防のあや | トップページ | 卒年の時期到来 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/51695897

この記事へのトラックバック一覧です: 家内始めて目の手術:

« 乃木将軍の造り出した旅順攻防のあや | トップページ | 卒年の時期到来 »