« 1ヶ月経っても大きな余震が続く | トップページ | iPhoneに魂を奪われた私 »

2011年4月13日 (水)

電力の根源に迫れ

朝7時半気温9度。
今朝のニュースで東日本大震災による福島原発事故がチェルノブイリ級のレベル7と発表された。
世界最大の原発事故という訳である。広島、長崎につぐ原子核事故となり日本は益々原子核と縁が深くなる。
地震大国はわかっていることなのだから、その対策を怠ったとは思わないが、最大級のその上の対策を考えるか、始めから止めるか、国として考えなくては又事故を繰り返すことになるだろう。まだ沢山の原発炉があるのだし、造成中のものまであるのだから。

水力発電にしてもダムが崩壊して山津波を起こすなどということはないのか。
地震対策は簡単ではない。
そもそも電力そのものを民間に任せておいていいのかという根源に迫る議論も生まれそうである。

周波数が違うから、関西の電力を関東にまわすことは出来ないと、非常体勢の欠陥も露呈された。この小さな国で肝心な時電力の融通が出来ない等というのは誠に腹立たしい。こんなのは国で断固一刻も早く改善すべき問題ではないのか。
改善に基づく新しい需要も生まれるだろう。無駄と見えても決断一つで非常の体勢が実現出来る。
民間に任せては永久に実現出来ないのではないのか。

|

« 1ヶ月経っても大きな余震が続く | トップページ | iPhoneに魂を奪われた私 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/51376049

この記事へのトラックバック一覧です: 電力の根源に迫れ:

« 1ヶ月経っても大きな余震が続く | トップページ | iPhoneに魂を奪われた私 »