« iPhoneに魂を奪われた私 | トップページ | 運命の岐路 »

2011年4月15日 (金)

久しぶりに雨の日

家内がリウマチの治療のため広島市内の記念病院まで出かけなければならない。
雨の中を広電駅まで送る。
帰って来て車を前の駐車場に置き、階段を上がる。
玄関脇の西洋すみれなどの花壇が、久しぶりの雨を歓迎しているのか、色とりどり咲き乱れて美しい。

昨日のこと渇水の心配を伝えられたのだが、それまでの快晴が打って変わって思いがけず強い雨。
天のいたずらか恵みの雨か。
花はこれで散ってしまうだろう。間一髪のお花見だったらしい。

帰宅してしばらくまた横になる。
先日DVDに録音した音楽を聞き流す。
チャイコフスキーのバイオリン協奏曲が流れ始める。庄司紗矢香のバイオリンの音色が際立って美しい。

このままでは倒産だという声がした。驚いて飛び起きる。そして悪夢が覚める。もう何十年もいや二十年近く金銭を得る仕事はしていない。
俗世のことを思う資格等ありはしない。何故だろう不可思議な夢である。

昼過ぎ家内が帰宅して、食事またベッドへ。今度は大丈夫かな。雨の日はもちろん老人のすることは何も無い。
Img_0017


Img_0019

|

« iPhoneに魂を奪われた私 | トップページ | 運命の岐路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/51394681

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに雨の日:

« iPhoneに魂を奪われた私 | トップページ | 運命の岐路 »