« 原発は白紙にすべきか、ノーだ | トップページ | 節句の山登り »

2011年4月 2日 (土)

被災者は人間だけでは無かった

朝の気温9度とすっかり春。
東北太平洋地震は東日本大震災と呼称をまた変更する。まあいいだろう。
復興への足がかりが出来たとも見えない。原発廃棄はやむを得ないとしても、簡単には取りのけることも出来ない。
サルコジさんはいい知恵を持って来てくれたのだろうか。

被災された人たちや住処のことばかり気になっていたのだが、今朝youTubeを見ていると、ペットたちのことが沢山写真で出てくる。もの言わぬだけに哀れで、どうして助かったのだろうと気になる。犬や猫が多いが、他にもいろいろいただろうにと思わずにはいられない。
牛馬も沢山いただろう。震災は人間だけを襲った訳ではなかった。

パソコンも長くやってると、くずらしいものが沢山たまって自分自身が処理しきれなくて持ち余すことになる。
用心のためbackupしてるのだが、これがいくつものHDに分散していつのものやら訳が分からない。
頭が老化してくるとますます分からない。
所詮メーカーが理屈で考え出したものだろうが、おためごかしで実用にはなかなかならない。

長い時間かかって片っ端から廃棄する。
今度は誰かがいうように、空いたところにDVDやCDを埋め戻すとするか。
結局何にもならないかも知れないが。

|

« 原発は白紙にすべきか、ノーだ | トップページ | 節句の山登り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/51280735

この記事へのトラックバック一覧です: 被災者は人間だけでは無かった:

« 原発は白紙にすべきか、ノーだ | トップページ | 節句の山登り »