« 孫とメールのやり取り | トップページ | 美しい日本国民の姿 »

2011年3月13日 (日)

地震という自然の怪力

朝の気温4度、やっと春らしい。
テレビでは原子炉一号基の爆発にまつわる論議がどのチャンネルでも続いている。
あはやの危険度をなんとかすり抜けたかどうかと言った感じだ。
そのうち3号炉も冷却水回路がバッテリがなくなって停止したなどと言っている。
まるで子供の遊びだ。
1号炉と同じ経過になるのではと心配だ。

今朝になって、やっと三陸海岸の津波警報が注意報に格下げになる。
海岸線の手入れが可能になる訳だろうか。
何百人もの死体が打ち捨てられているらしいが、これからが大変な作業だ。
南三陸町では一万人もがまだ行方不明だとも言っている。

船も自動車もそして家さえも軽々と陸地奥に運ばれてしまう、
波の力を目の当たり見て恐れ入る。
連日テレビを付けっ放して、地震の経過を繰り返し見る。
他にすることは無いし、出来ないし、老人の日課はまるで役に立たない。

随分前に日本沈没という小説が映画になったりしてっ評判になったことがあるが、中国の新聞で見出しに日本沈没を正に謳っていたのがあった。

こんども地盤沈下したのではといっている学者先生もいた。
なにがしかの日本地図上の改変は免れ得ないだろう。海岸線の分かり難い場所がやたら目についた。
自然の力は人間のこわざなんか屁とも思っていないようだ。

|

« 孫とメールのやり取り | トップページ | 美しい日本国民の姿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/51106175

この記事へのトラックバック一覧です: 地震という自然の怪力:

« 孫とメールのやり取り | トップページ | 美しい日本国民の姿 »