« 美しい日本国民の姿 | トップページ | 鳴動続く原発騒動 »

2011年3月15日 (火)

人間の知恵の限界

朝の気温んは7度と随分春らしくなって来たが、東北地震の惨禍は日を追うにつれ拡大していて止まるところをしらない。
死者数も百、千から万単位がささやかれている。行方不明者が今に至も一万数千にも登るというからである。
自衛隊の投入数も5万から10万に倍増された。生半可のことでは手に負えないと首相は判断したようだ。
もちろん国会も休会して政治休戦に入らざるを得なかった。
国難だと首相は当初から叫んでいるが、その通りで、進路を誤りなきようしてほしい。

福島第1原発は1、3に続いて第2原発炉も爆発が続いたりして、危険な状態に陥った。
自然災害はやはり人智の及ぶところではなかった。

原子力利用は出直しを求められるだろうが致し方ない。
そもそもの電気依存の人類の生活から改めなければならないだろう。
いや電気というよりその根源の水力、火力、原子力を光,風、海水等のエネルギーへ移さなければならないということかもしれない。

|

« 美しい日本国民の姿 | トップページ | 鳴動続く原発騒動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/51127273

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の知恵の限界:

« 美しい日本国民の姿 | トップページ | 鳴動続く原発騒動 »