« とうとうiPhoneにする | トップページ | 若き日の赤名峠越え »

2011年2月12日 (土)

昼の雪は泡の如し

朝8時気温0度、8時半急に雪激しく降り始める。
家内せいこう外科に行く支度をしていたが、外を覗いてみて中止する。
すぐ目前百メーター近くまで霞んで見えない。
今冬始めての大雪になりそうである。

iPhoneは我が家のairstationともうまくつながり問題なく働き始めた。
パソコンやiPodなどと同期がうまく働くかどうかがこれからの仕事になる。
iPhoneも32GBのにしたから、満杯ということはしばらくはないだろう。
ただ充電はしばしば行うことに当分はなりそうだ。
とにかくこんな機械は習うよりは慣れろである。

午前11時さしもの雪もパタッと止む。途端に少し明るくなる。5cmくらいでも積もっただろうか。日でも射すと簡単に溶けてしまうのではと惜しい気がしないでもない。
一面の銀世界である。

午後2時日ざしが強くなり、あっという間に屋根の雪は溶け、道路や庭先にも陰のところを残してあらかたなくなった。
いいところだなあこの地方は。

|

« とうとうiPhoneにする | トップページ | 若き日の赤名峠越え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/50849400

この記事へのトラックバック一覧です: 昼の雪は泡の如し:

« とうとうiPhoneにする | トップページ | 若き日の赤名峠越え »