« 八百長と責任 | トップページ | 春霞 »

2011年2月 7日 (月)

大相撲が心配

相変わらずの深い霧、いや霞か、春霞というから、霞だろう。もう3日間宮島を見ることが出来ない。今朝の気温は2度。もう明らかに春だ。

家計簿を閉めたつもりでいたが、家内の通帳を記載忘れしていた。引き落としが沢山ある。とてもこれでは締めたと言えない。

大相撲は春場所の無期延期と決まった。
春場所だけで済めばいいが、次の場所その次の場所と行けば、解散になりかねない。
大相撲の死活の問題である。
永年のファンとして誠に情けない。なんとかして欲しいものである。

いつの時代にも、いろいろの問題が起きるのは世の常である。
相撲も今日に至るには単ある栄枯盛衰だけでなく、私の知ってる限りでも昭和初期脱退騒ぎが起こり、東西に分裂したことがある。
スポーツの粋を追求して、幾多の名力士が継承して来た。
力士自身或は協会幹部の大反省のもとに、新鮮な姿で再出発して欲しい。
ひたすら祈るものである。

|

« 八百長と責任 | トップページ | 春霞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/50802425

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲が心配:

« 八百長と責任 | トップページ | 春霞 »