« 馬とともに生きる運命 | トップページ | ローカルの旅は楽しむもの »

2011年2月 2日 (水)

やはり好きになれないロシア

午前2時目覚めて深夜放送を聞く。ナナ・ムスクーリの透明感あふれる歌声にうっとりしているうちに、ほんとに目覚めてしまう。
4時頃から以前NHKモスクワ特派員だった小林さんの話を最後まで聞くことになってしまった。プーチン氏の横顔を聞いて見直すことになった。
嫌な男だと思っていたがそうでもないようだ。
彼が今も研鑽怠りない柔道で”修身”がもっとも学ぶべき道だと思っているとはさすがだ。
世の中何もかも術に向かいすぎて道を忘れがちである。
私自身今更思い知る。

それにしても、今年7月札幌でロシア文化展が開かれ、第三の実力者がオープンの式典に参列する予定だと言う。メドベージェフといい我が国北方をいやに刺激するように見える意図は何か。終戦以後も一貫して薄気味悪い国である。

今朝方少し膝が痛い。またおかしくなったかな。
2、3日温灸を中止していたからかもしれない。早速再開する。

今朝の気温は0度だったが予期に反して日中も上がりそうにない。
春いよいよ近しといっても、寒さはまだまだ手厳しく続くことだろう。

|

« 馬とともに生きる運命 | トップページ | ローカルの旅は楽しむもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/50754327

この記事へのトラックバック一覧です: やはり好きになれないロシア:

« 馬とともに生きる運命 | トップページ | ローカルの旅は楽しむもの »