« 人騒がせなアップル | トップページ | 老いぼれにも誕生日おめでとう »

2011年1月21日 (金)

最後の忠臣蔵のこと

朝の気温1度。やっとプラスに戻ったか。
雲が多くて暖かくはなりそうには無い。

小沢君議会証言に出ると言ったかと思うと断固拒否するという、これまた人騒がせな男だ。よくもあしくもジャーナリズムの種にはなる。
嫌らしい男だなあ。芸能界にも悪役がいないと困るが、政界でもことを欠かないようだ。

昨日ウイルコムに電話してPHS を解約してもらった。今日からもう使えない。2000年5月に付けたのだから10年になる。ほとんど使用することはなかったが、いざという時にいるからと準備していた。幸い火急なことは何も起きなかった。
やめると起きるかも知れないが。世の中そうしたもんだから仕方が無い。

ステッパーの踏み方がだんだんうまくなってくる。しかし激しくやると息が上がって、心臓が苦しくなる。やはり一長一短ありといったところ。
寝て起きてすぐやったりするといけない。タイミングも考えなければならない。

『最後の忠臣蔵」を読み返す。ウイキペディアで寺坂吉右衛門の実相を読む。
やはり切腹は免れたが47人の一人に違いない。主家吉田兼亮の娘の嫁ぎ先姫路の伊藤家に二十年くらい使えたこともその書き残された書類から読み取れる。広島を訪れたり、赤穂旧臣に書を送ったり、その足跡は残り、83歳で亡くなったこともはっきりしている。墓も麻布の曹渓寺に残り、泉岳寺のものは慶応年間に建てられたものという。
歴史家がよってたかって、調べ上げ、また小説家がでっち上げた。
記録というものは恐ろしい程である。

私程の草叢に起き伏すものでも、いつ歴史に関わるものたる日がくるかもしれない。
やはり真実は書き残さなければと思ったりする毎日である。

|

« 人騒がせなアップル | トップページ | 老いぼれにも誕生日おめでとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/50645654

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の忠臣蔵のこと:

« 人騒がせなアップル | トップページ | 老いぼれにも誕生日おめでとう »