« 最後の忠臣蔵のこと | トップページ | 都道府県駅伝広島県1区42位から3位入賞に駆け上る »

2011年1月22日 (土)

老いぼれにも誕生日おめでとう

朝から快晴、気温マイナス1度、満91歳誕生日の夜明けである。
もう寿命では父母祖父母を凌駕した。格別な感情があるわけではないが、なんとなく不思議な気がする。
長生きするということがこんなにすんなりしていいものだろうか。
もう少し悪戦苦闘しながら山坂を越えるがごとく苦痛も伴うものだと思っていた。

今朝起きると不思議に膝にも違和感が無い。
完全に治ったのかな、いやそんなことはあるまい。心中で葛藤がおこる。
しかし階段を下りる一歩からいつもと違う。痛みも違和感も無い。

温灸はとりあえず継続する。

ルービンシュタインのベートーベン、ピアノ協奏曲第4番の響きが心地よい。
その次はパールマンとアシュケナージのクロイツェルである。
トルストイの小説を思い起こす。何もしない至福の時間である。

少し温灸やけどの跡がひりひりする。
午前十時を過ぎて日脚は少し短くなったが、相変わらず日ざしが部屋に注ぎ込まれる。自然まで命をもり立ててくれている、ありがたいことだ。

MAILに入って見ると、いつも通り@niftyから誕生日プレゼントが入っている。年々豪華になってくるようだ。全国旅の宿泊半額サービスなんてもある。
宅ファイル便からもメッゼージをくれている。
ますます忙しい時代になって来たな。

|

« 最後の忠臣蔵のこと | トップページ | 都道府県駅伝広島県1区42位から3位入賞に駆け上る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/50656113

この記事へのトラックバック一覧です: 老いぼれにも誕生日おめでとう:

« 最後の忠臣蔵のこと | トップページ | 都道府県駅伝広島県1区42位から3位入賞に駆け上る »