« wirelessはやはり便利が良い | トップページ | 秋の植物園 »

2010年10月 1日 (金)

自動車保険継続

朝6時半、少し霞んではいるがいい天気だ。
気温16度、驚いて寒暖計を見直す。
秋深まりたか。

昨夕岡本氏から電話、元気に車に乗っていますかと聞いてくる。まだ乗っているよというと、では自動車保険を継続しますよと抜け目がない。
去年あいおい損保を退職して、独立して代理業を始めたと挨拶状が来ていた。相変わらず元気がよい。

今月からテキストソフトをアップル備え付けのpagesに変えてみることにする。

朝子からメールで宅ファイル便で送った写真をダウンロードし損ねたといってくる。
改めて4枚送ってやる。3日のタイムラグがあるらしい。
結構頭を使わないと便利なようでも役に立たない時があるものだ。
ぼやっとしていたら何にも出来ない。

それにしても今日はいい天気だ。家でじっとしてるのがもったいない。
体調もよくなったしどこかにでかけたいが、朝植物園にでも行くかと言ったのだが、今日はあいにく定休日だった。
  __________________
(平成20年吉田武中尉遺作メモから、今田勇編集著述「ニューギニア戦記」より)(その93)

当日は月齢23、月の出は23時頃だったので,月下での揚陸作業になった。舟艇の行動は海峡を渡る指令の他は原則として夜間のみの行動であった。しかし海峡の横断はその距離の関係で2,3時間は、昼間に走らなければならないことになるがこれはやむを得ない事であった。

しかし、月光の下で艇を運行する時は,船の後の海上に航跡が白く尾を引いているので、このため敵機と遭遇した時は艇の速度を微速にするか、また海上に停止して敵機の通り過ぎるのを待つこととしていた。

駆逐艦は予定通り3月29日夜半フィンシに入泊するとの連絡があった。この1ヶ月の間にこの方面の敵の警戒は以前に比べて厳重になった居た。敵の哨戒機は昼夜を分たず飛来していた.夜間にも毎晩の様にフィンシの沖合に照明弾の吊り星をばらまいて偵察を行い,就中フィンシの港口付近は極めて綿密に探索をしていた。3月中旬を過ぎた頃から敵の魚雷艇も出没し始め,この辺りに敵の気配を見近に感じる様になってきた。(つづく)
   ___________________

|

« wirelessはやはり便利が良い | トップページ | 秋の植物園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/49613957

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車保険継続:

« wirelessはやはり便利が良い | トップページ | 秋の植物園 »