« 吉香公園に遊ぶ | トップページ | お祭りの日 »

2010年10月 9日 (土)

上には上がある

昨日から小雨が降り続いている。滅多にない長雨だ。
乾ききっていた庭の樹木も一息ついていることだろう。
50っ個ばかり実がついている夏みかんももう落果することはないだろう。
味の方は何とも言えんだろうが。

昨日は娘も来て業者に立ち会ってくれたが、結局雨がひどくなって延期することになった排水管工事、次は22日ということらしい。老人の私は話し相手にはならないようだ。情けないことになったものだ。

今朝は7時現在18度と暑からず寒からず具合は良い。しかしこの雨ではどこにも出られそうにはない。
昨日の夕方注文していた”終わらざる夏”下巻を貰いに本屋に出かける。
ついでに側に出来たヤマダ電機に入って、有線の5ボタンマウスを買う。ワイアレスはどうも不安定で使いづらいから無駄なようでも仕方がない。
結果は誠に動きが早く的確で使いやすい。これは儲け物だった。2千円だから惜しくない。

ついでに言わしてもらえば、もう老眼を通り越して自慢の近眼でも薄い字や小さい字はもうだめだ。
ディスプレイも従って、今余っている26インチのテレビを使い、マウスポイントも1cm以上の大きさに変えた。
もの凄く楽だ。頭がぼけない限り当分ブログも続けられそうだ。

今田君に頼まれた”ニューギニア戦記”も今丁度半分と行った所、来年3月まで是非ともやり遂げたい。
私の従軍記に比べると遥かに迫力がある。体験の厳しさがまるで違う。心ある人にぜひ読んでもらいたい。
それには私がまづ健在でなければいけない。心を引き締めて立ち向かうつもりである。
  _______________
(平成20年吉田武中尉遺作メモから、今田勇編集著述「ニューギニア戦記」より)(その99)


作業は第1回は患者を駆逐艦に送り込み,次に部隊の兵員を乗せてフィンシ港に帰る。第2回以降は食糧、弾薬、資材を揚陸する計画であった。ここに無事駆逐艦が到着することを祈った。

今夜駆逐艦が入泊する事を察知したのであろうか,コンソリデーテッドB24型機が飛んで来た。いつものように上空を2、3回廻ってアント岬方向に北上して行った.舟艇隊は指揮艇を先頭に1隻づつ距離をおいてフィンシの狭い湾口を出て行った。湾口は特に敵魚雷艇の待ち伏せを警戒しつつ通過した。20mmの機関砲と重機関銃はいずれも魚雷艇出現方向に対して砲口を向けていた。幸いにして全艇は無事に外洋に進出して、そこで分散して漂泊をした。(つづく)
   __________________

|

« 吉香公園に遊ぶ | トップページ | お祭りの日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/49690532

この記事へのトラックバック一覧です: 上には上がある:

« 吉香公園に遊ぶ | トップページ | お祭りの日 »