« wirelessは簡単なことではない | トップページ | 自動車保険継続 »

2010年9月30日 (木)

wirelessはやはり便利が良い

wireless keyboard で大騒ぎした2、3日だったが、昨日のcontrol key+eject keyの押し込みから再起動かけたのが効いて、何事もなかったように目下黙々と我がmac mini は働き続けている。
改めて器械の不可解さを感ずる。20年前ワープロをいじり始めた頃、突然動作が止まらなくなり延々1時間続き、止めようがなく仕方なく電線を引き抜いて、メーカーに修理してもらう決心をしたのだったが、寝て起きて再度スイッチを入れたところ、何事もなく働き始めて驚いたことがあったが、あのとき以来である。

専門のデオデオさんでも解らないことが起きるのだろうな。

昨夕デオデオさんが来てくれたが、既に治っていたので丁寧にお断りして帰っていただく。もちろん2度電話したのだが、店が夕方のラッシュで取り合ってもらえず、事前にお断りすることができなかった。

朝7時、すっぽり灰色の雲に覆われた空、曉暗がつづく。
気温19度。
依然としてキーボードもマウスにも異常が認められない。
故障はなんだったのだろう。

新聞を取りに出ると、小雨が音もなく地面を濡らし始める。
雨の一日になりそうな気配である。

三島歯科で入れ歯が出来上がる。
昼飯で早速試すことになったがやはり自分の歯ではない。強くかむと痛い。慣れるまでやはりしばらくかかるだろう。
  _________________
(平成20年吉田武中尉遺作メモから、今田勇編集著述「ニューギニア戦記」より)(その92)
この為大本営は次の事を決定し命令したと聞いた。陸海軍はあらゆる手段を講じてこの方面の駐留軍に対し,補給を継続してその戦力の補強を図る事。
その結果補給作戦は陸軍では大、小発動艇又は機帆船及び空中輸送を主とし、これに並行して一部は海軍の駆逐艦、潜水艦による応急の輸送にも頼ることとなっていた。このような情勢から第1回のフィンシに於ける駆逐艦による部隊の上陸は3月29日に行われることになった。そして船舶工兵隊はラエ上陸後には当地にて当分の間、ブナ方面からの撤退部隊のマギリからラエへの輸送と、数日置きにラエに入泊する潜水艦の補給物資の揚陸と後送する患者の乗船を担当していたが、前記駆逐艦からのフィンシでの揚陸作業の命令を受けて,急遽基地を移動する事となった。
3月28日ラエからフィンシに向けて,大発動艇6隻をもって移動した直後フィンシに駆逐艦4隻が入泊するとの連絡を受けた。この日の夜半フィンシ湾内に舟艇を集結して翌29日に入泊する駆逐艦を待機することとした。(つづく)
____________________

|

« wirelessは簡単なことではない | トップページ | 自動車保険継続 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/49605136

この記事へのトラックバック一覧です: wirelessはやはり便利が良い:

« wirelessは簡単なことではない | トップページ | 自動車保険継続 »