« Mac Miniを買う | トップページ | 自動車運転は罷められない »

2010年9月 4日 (土)

口程に無い心の弱さ

朝7時気温26度、暑さ変わらず。
昨日の広島行きのたたりか膝の痛みが激しく、凄く歩きつらい。しかもうずく。
医者に行こうと起きるとすぐ決心する。

9時家を出てせいこう外科に行く。土曜日とあって来客は少ない。
間もなく呼び出されて診察室に入る。
前回の所だから、有無をいわさずベッドに寝かされ、痛い注射を打たれる。
当分は通うことになりそうだ。

午前午後寝てばかり。
クーラーの中だから楽なもの。

それでも午後になると痛みが薄れて行動が楽になる。医者のおかげか注射のおかげかありがたいものである。
膝といえばやはり人間にとって重要な機能である。痛みは少なくても大きな違和感は深刻に残る。さっさっと元気な時のように行動はもちろん出来ない。

健康のありがたさがしみじみと分かってくる。
____________________
(平成20年今田勇編集著述「ニューギニア戦記」より)(その72)

そしてフィンシ上陸に際してある部隊長がしみじみと「折り返し今夜これから帰るのかね、くれぐれも気をつけなさいよ」と。この言葉は百万遍感謝の言葉を聞くよりは心を打たれ、艇全員が気持ちを昂揚させたようであった。
とにかく理解と愛情によってのみこの海峡を渡る事が出来る。仮令渡ることが出来なくても心は安らかであろう。

4月から5月初旬にかけて順調に海峡横断が出来た。しかし5月中旬になって急に敵機の跳梁が激しくなり損害が大きくなって来た。4月には海峡の周辺で敵機の襲撃で戦死したものはいなかったが、5月中旬に入ってニューギニア側で5名、ニューブリテン側で6名、併せて11名の戦死者を出した。これは敵の魚雷艇の攻撃もあっての事、そして戦病、戦傷患者の続出する中で健全な戦闘員が戦死し、消耗する事は今後に暗い影を落としたのであった。
(つづく)
   _______________________

|

« Mac Miniを買う | トップページ | 自動車運転は罷められない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/49346917

この記事へのトラックバック一覧です: 口程に無い心の弱さ:

« Mac Miniを買う | トップページ | 自動車運転は罷められない »