« パソコンとデジタルテレビ | トップページ | やっとテレビがMacで使えることになった »

2010年9月10日 (金)

相性が悪い

快晴。朝6時半気温24度、やっと秋になったな。
そよ風もなし。昼中は又猛暑か。
昨日一昨日とMac Miniに振り回されて,無為に過ごす。今日はどうか。
午前10時デオデオからやってくる。
20インチのディスプレイを持参して組み立て設定を始める。
初めてのワイヤレスのキーボードとマウスだから、その設定から始めねばならない。全部やってもらうのだからこの次困らなければいいがと心配しながら見つめる。

まあ何とか小一時間もかかると無事終了。
問題なく操作できるようになる。
設定が終わったところで、テレビに繋ぎ変えるとこれがやはりできない。相性が悪いのではという店員さんの言葉、一応了承して帰ってもらう。

昼ごろ担当者から電話でやはり器械の相性が悪いらしく、HDMI配線でなく、RGB配線でなくては駄目だとMacの方から回答があったと連絡が入る。
明日また来てやってもらうことになる。
  


先方も大変な手間だろうがこちらも毎日つき合うのにくたびれる。

アメリカ産の機械と日本の機械では所詮相性がわるいのだろう。
あきらめるしかないか。
  ___________________
(平成20年吉田武中尉遺作メモから、今田勇編集著述「ニューギニア戦記」より)(その77)


舟艇の基地をフィンシハーヘンに移す

船舶工兵第8聯隊第3中隊は先般ラエに上陸してから暫くの間、ここで潜水艦が入泊する都度米のドラム缶の揚陸作業と,この島での前線への輸送作業をしていた。
ついで4月下旬からは更に兵員の海峡横断輸送に転じ、懸命にこの任務に従事していた。
これまではその基地をマーカム河の河口に置いていたが、今後はこれをフィンシに移す事として、そこへ基地を移す是非に付いて地形等の偵察を行った。
フィンシ港は基地として湾内は奥深くなって居り,艇の発着も便利な様に見えたが、舟艇を秘匿するには適当でない様で、海岸の地形も悪く遮蔽する樹木が少なかった。そこでここより約3km南でブブイ河がランゲマック湾に流れ込んでいる所の約30km離れている河岸が5,6mの断崖となっており、艇を横付けすればすっぽりと樹の影に隠す事が出来る事が判り、ここを基地にすることに決めた。
(つづく)
   ______________________

|

« パソコンとデジタルテレビ | トップページ | やっとテレビがMacで使えることになった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/49407545

この記事へのトラックバック一覧です: 相性が悪い:

« パソコンとデジタルテレビ | トップページ | やっとテレビがMacで使えることになった »