« 天下太平 | トップページ | 後悔先に立たず »

2010年5月 7日 (金)

昔は遠くなりにけり

切れ間の多い曇り空から時に強い日射しがこぼれる。もう初夏と行ってもいいようだ。
つい十日前には福島で雪の中を、桜を求めて歩き回ったのが嘘のようである。

しかし吹き込んで来る風はまだ冷たくさほど心地よいものではない。
日の当たっているベランダでも寒暖計の温度は27度を表示している。

午前中に早くもあいおい損保から、昨日請求書を出した傷害保険金を来週始めに払い込むからと電話して来る。
最近はこうした市民応対もてきぱきと迅速になって来た。コンピューターの後押しや世論の喧噪によるものだろう。
相変わらずゆっくりしているのは官庁だけのようだ。

傷跡は残っているが、もう洗顔にも何ら支障はない。しわだらけの顔だからさして目立つほどのことはない。

夕方近くのスーパーに買い物に行く。カンカン照りの西日が衰えた目を刺す。
何とも運転し辛い。おまけに自転車の往来が激しい。超遅速で走る。後続は殆どなかったからよかったが。
家内がクリーニング料金が高いと言ってこぼす。40年前30分ドライという商売を、器械を据え付けて3年ばかりやった経験があるから、余計に腹立たしいらしい。当時はセーター一着50円だった。今は700円だそうだ。ちょっと上がり過ぎではないかな。40年経つとこんなものなのかなあ。

|

« 天下太平 | トップページ | 後悔先に立たず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/48295340

この記事へのトラックバック一覧です: 昔は遠くなりにけり:

« 天下太平 | トップページ | 後悔先に立たず »