« 西部ニューギニアのバボという街 | トップページ | いつのまにか、又”さざん会幹事役” »

2010年5月24日 (月)

うるさい日本語

雨の朝。よく降るなあ。
午前6時半の気温20度、一瞬寒暖計を疑う。
外気はひんやりとして、疑うに足る。
左手のサイドが馬鹿に痒い。一寸かゆみ止めを塗る。

昨日のラジオで誰かが”さわやか”は秋の季語と云ってたが、外気はそれでもさわやかで、すっきりとはちょっと違うな。
同じ日本でも、場所によって暑さも寒さも感じ方が違うのでは。季語だからといわれても、詩人ではないのだから、牛や馬といっしょだ、こちとらは。

沖縄基地はへのこに決めたと鳩山総理はいう。地元の抗議活動は激しくなるばかりだな。バンコックのような流血の惨事を起こさないように祈るばかりだ。

午前8時、雨は上がり青空が早くも覗いている。
どうやら早くも天候回復と行くらしい。

午後になっても風強く、雲の去来が激しい。
吹き込む風で新聞も煽られてしまい、落ち着いて見られない。慌てて窓を閉めて廻る始末。

午後水戸君から何か自分がやる役目は無いかと電話がかかる。あったら連絡するからという。そして元気な顔が見たいから待っとれよとも言ってしまう。

|

« 西部ニューギニアのバボという街 | トップページ | いつのまにか、又”さざん会幹事役” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/48446792

この記事へのトラックバック一覧です: うるさい日本語:

« 西部ニューギニアのバボという街 | トップページ | いつのまにか、又”さざん会幹事役” »