« 今田君の終戦 | トップページ | アイスランドの火山爆発 »

2010年4月16日 (金)

第6号潜水艇追悼式典

今朝8度、東京の温度と同じらしい。
昨日は呉で第6号潜水艇の追悼式典があったと新聞が報じている。
生前いつも式典に参加して居られた長谷川さんも、もう大分前に亡くなられた。今どなたか遺族の方が参加して居られるのだろうか。
艇の副長であられた長谷川中尉の甥に当たる人だった。
この4月15日は丁度沈没後満百年になる。

私には郷里の海での出来事、生まれる10年前のことだから、新鮮な事件であった。
毎年近くの記念碑にお参りしたものである。
この小さな潜水艇そのものにも幼いときから何度と無くお目にかかっている。潜水学校に存置されている時には内部に入ってつぶさに見学させてもらったこともある。

昔は夏の盆踊りに必ず歌われた岩国音頭のテーマの一つであった。

この潜水艇は敗戦後も廃材として処理される事無く、江田島の第1術科学校の校庭に置かれている。有り難い事である。
英霊の力が働いたのであろうか。

いつかブログに書いた不沈の駆逐艦”雪風”は中国に押収され、中国艦隊の主力艦として活躍したらしいが、今は廃棄されてこの世にない。
世界に冠たる大海軍国だった日本の遺品は私の知る所では”三笠”とこの”第6号潜水艇”のみであろうか。
(写真は中国新聞記事よりコピー)
Img092

|

« 今田君の終戦 | トップページ | アイスランドの火山爆発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/48098537

この記事へのトラックバック一覧です: 第6号潜水艇追悼式典:

« 今田君の終戦 | トップページ | アイスランドの火山爆発 »