« パソコン談義 | トップページ | 我が家の花見 »

2010年4月 5日 (月)

パソコン談義ー続き

朝11度と暖かい。もう間違いなく春だ。

何処もかしこもこの地方は桜は満開で、明日にでもどこかへ見物に出かけようと今朝の食事の会話がはずむ。家内もいくらか元気を取り戻したらしい。

パソコン談義の続きになるが、使用目的を決めて使える機種を選べばもう何も高機能のパソコンを望む必要は無いように思う。

弟のようにインターネットは利用しないと言うことなら、現在のパソコンは勿体ない。10年前ので結構である。最もムービーや音楽など容量の大きなものをやるとなると、別にハードディスクなど用意しなくてはいけないかもしれない。

私のこのパソコンは先般¥17800.で買ったものだが、2003~04製のものだから、昨日も言ったように6,7年前のものである。

立ち上がりは早いし、画面は綺麗だし、凄く便利で気に入っている。

ネットは使っているが、音楽やムービーはこの機械は使わない。だからそれようのソフトは初めから載せない。

人も物も使いようと古人は言ったが、正にその通りだと今しみじみ思っている。

ただ、2台、3台、4台と機械がどんどん増えて行き場所をとるのが難だが、それさへ可能ならこの方法が一番良い。私はパソコンの他にワープロも未だ使っている。十数年前の製造停止直前の製品である。10年位前に印刷部門の修理をしてもらったことがあるが、結構今でも使えている。

もちろん使用頻度は月に何度か位だから消耗の恐れはない。印刷用のテープも在庫で十分間に合ったいる。先般もデオデオに行ったついでにしらべたら、まだその販売は継続しているようだった。

テープが無くなっても、感熱紙というのがある。色が変わりかけたが在庫が未だ残っている。使わなくては勿体ないと思っているのだが、更正紙が最近は安いのでねえ。世はインクジェット時代で感熱紙もそのうち市場から消えるかもしれないが。

このパソコンにはフロッピー設備がついている。これが何より有難い。変換しさえすればワープロと兼用出来るのである。フロッピーをDOS初期化すればそのままどちらでも使用できる。

マックでもアダプターをつければ利用できているのだが、長年使い続けたのはその御蔭でもある。作り続けてきた記録も今ではどの機械でも見ることが出来る。保存方法としても最適である。

又最近はSDカードというのが珍しくなくなった。

ムービー、停止写真を問わず、カメラ類に取り付けられている。そのままパソコンに利用できる。今頃は4GB,8GBなども出来て保存も出来る。

ファイル移動に持って来いである。

ブルーレイは未だ使っていないが、メディアの最近の凄さには驚かされる。

まだまだ留まる所を知らないのだろうが、これではなかなか死ねないなと闘志が湧き立ってくる思いである。

|

« パソコン談義 | トップページ | 我が家の花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/48004489

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン談義ー続き:

« パソコン談義 | トップページ | 我が家の花見 »