« 老体の衰え | トップページ | ミサイルの時代 »

2010年4月 1日 (木)

相変わらず甲子園に魔物が

また春雨からこの月も始まった。

家内は下痢が酷いと言って朝飯を抜いて寝ている。

酷いことになった。まだ大分先の話ではあるが花見旅行どころではないかもしれない。

老い先短いと言うことは明日の予定が出来ないということでもある。

家内の胃腸はこの時期になると毎年のごとく悪くなる。原因がはっきりしない。我が家の大黒柱だから全く困る。

明日はごみ当番だが、台公出でずんばなるまい。やれやれ。

昨日は地元選出の広陵高校が全国制覇最多の中京と対戦、投手の好投と出だしの速攻で勝ちをもぎ取り,ベスト4に進出した。

今日は強打の日大三高との準決勝、ほんとに手に汗を握る接戦が続きもつれたが5-4の1点差リードで迎えた8回裏思わぬ日大側の意標をつく攻撃に浮き足立ちエラーなども出たりして記録に残る1インニング10点全員得点と云う大量失点に万策尽きて9回表の雨天を利用しての加点も4点で終わり14対9という、思いもしない得点差で敗退した。げに甲子園は恐ろしい。この魔物に広陵は数年前の夏の決勝戦と同じく最後に逆転負けを喫しやられた。

医者に出かけた家内は点滴を打ってもらって帰宅する。うまく治ればいいが。

|

« 老体の衰え | トップページ | ミサイルの時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/47966604

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらず甲子園に魔物が:

« 老体の衰え | トップページ | ミサイルの時代 »