« 富山礼賛 | トップページ | 五感の衰え »

2010年3月28日 (日)

水芭蕉

相変わらず変な天気が続いている。

妹が電話で水芭蕉を見たいのだが、竹林寺の池にありはせんか調べてくれという。あれば連れて行けというわけ。

ネットで調べたが格別そんな記事も写真もない。池の中には小さな祠や水草はあるがどうも水芭蕉とは違うようだ。水芭蕉を調べてみると南限は兵庫県の養父峠だとある。大体寒冷地の植物だからこの付近に自生するはずはない。

そういう事情を話して諦めさす。

上天気だから植物園に足慣らしに行こうと出かける。

ついでに水芭蕉を育成しているかもしれないから見てくることにする。

彼岸桜が満開で早くも春到来を感じさせる。気の早い人は花の下で弁当を広げている。まだほとんどがつぼみでやはり来月にならないと満開とは行かないだろう。

しかし山つつじが花盛りになっていたり、私の知らない花たちが随分賑やかに咲いている。もう春色は争えない。

山に登って坂をうろうろしているうちにぱらぱらと小雨が降ってくる。

「しまったあ!洗濯物が濡れる、出る時気がついていたのに」と家内の嘆き節。

一寸早いが近くに来たので、雨を避けてレストランに飛び込む。

食事を済ませて外に出るが、まだ時々ぱらぱらとやってくる。

椿を見たかったのだがまだちょろちょろと、見頃はもう少し先のようだ。

休日だから子供連れが大半、結構園内は賑やかであった。

本館を覗いて、サボテンの花を探したり、大きなバナナの房を眺めながら、高くてもぐのが大変だなと思ったりする。

一気に家に帰る。僅かに洗濯物を濡らしたようだが、もともと濡らしたものだから別に悔やむことはない。

この頃の天気は全く当てにならない。

夕方改めて買い物に出る。

|

« 富山礼賛 | トップページ | 五感の衰え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/47932401

この記事へのトラックバック一覧です: 水芭蕉:

« 富山礼賛 | トップページ | 五感の衰え »