« 曾孫二人に面会 | トップページ | 母の25回忌、私の今生の別れか »

2010年3月13日 (土)

春画の本

夜半に降ったらしく、庭は濡れそびっている。
別府温泉の効果があったのか、乾癬のかゆみが大幅に軽くなった。
気がつくとあちこちに出来ていたかさぶたも取れている。不思議なものだな。

最近は書籍の検閲が厳しくなくなったのか、昔の様な隠し文字や画の部分削除がなくなった。
先日もふと大きな本屋に入って、書棚を物色していると、春画という本が何冊もどうどうと並んでいるのが見えた。側に誰もいないのでちょっと手に取ってぱらぱらめくって見た。
驚いた事にどうどうと男女の秘技を描いた所謂歌麿風の画がずらりと全ページを埋めている。
つい数年前には見られなかったことである。
若い者にはまだ毒だなと思いながら見たが、この歳になるともう枯れてしまって立つべきものも立たず、全く感情は動かない。我ながら情けなく人生の終わりを再認識するばかりであった。

昼頃雲間から日射しがやんわりと降り注ぎ始めた。気温も大分上がった感じである。

午後デオデオに行き、プリンターの修理を依頼する。保証期間内だから無料だと言われる。
気を良くしてSDカード8GB2枚と4GB1枚を買って帰る。
プリンターも2万円も出せば買えるのだが、今日の所は止めて帰宅する。

明日は母親の25回忌の法事がある。弟が家を継いでいるからこちらはお呼ばれで申しわけない。
弟も78才で喜寿は過ぎた。がまだ老いは意識しないだろう、元気にゴルフに精出しているようだから。
母が死んでからもう24年も経つとは信じられない気持ちである。絶えず脳裏にうろついて小言を言ってる気がするのに。

|

« 曾孫二人に面会 | トップページ | 母の25回忌、私の今生の別れか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/47799057

この記事へのトラックバック一覧です: 春画の本:

« 曾孫二人に面会 | トップページ | 母の25回忌、私の今生の別れか »