« 仰げば尊し | トップページ | 連休は若者の為に »

2010年3月20日 (土)

密約の効果

昨日は午後には寒くなったが今日は終日暖かい日になりそうである。夕方には又雨になるとは云ってたが。
春先は天候も体調も落着かない。例年の事で仕方がない。

東京の孫たち、進級に、新入学、落着かなない事だろうな。
老い耄れが気にしても仕方がない事だが、going my wayで自分の思ってる通りやるしかない。
父も母もましてやじいばあも手を差し伸べる事は何もない。いや差し伸べてはいけないのだ。
もう一人前の成人である。よく学びよく修める。他日に備えて自ら勉める以外にない。

プロ野球はパリーグから開幕、何れもナンバーワン投手の登板から始まる訳だから、どの勝負も1点差の大接戦となる。
所が評判のガルビッシュが三振は13個も取るのに、点は簡単に相手に呉れてやり、3-5と完投したが敗戦投手となる。なんと気前のいい事か。

午後になるとすっかり雨模様になりガスが天地の間を埋め尽くす。気温はまあまあだが風が強く外に出ると寒くはないが涼しすぎる。

今日のサンケイ新聞に”密約あってこその沖縄返還”という論文が載っている。
その通りだろうと私も思うが、その記事の中で”密約が想定する事例のうち朝鮮半島有事は、北の体制崩潰にともない数ヶ月か数年のうちに発生する可能性がある。この点への論及が各紙に欠落しているのは不思議である”とあるが、恐ろしい、気になる予言だがどうだろう。
敢えて黙っているのだろうか。知ってて知らぬふりするということもあるので。
密約が起き上がって来るのであろうか、相手はもう核を手にしているからなあ。

|

« 仰げば尊し | トップページ | 連休は若者の為に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/157907/47860052

この記事へのトラックバック一覧です: 密約の効果:

« 仰げば尊し | トップページ | 連休は若者の為に »